スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墨岡雅聡作品 前向きで行こう 

カテゴリ:アニメ

今回はえび天にて放送された墨岡雅聡氏の作品の紹介です。


YouTube - 前向きで行こう - Let's go positively (1991)
「前向きで行こう」と決めた青年が日常の様々な風景を愉快に、ポップに切り取っていく内容。
その風景が空き缶やらアル中の友人やらドトールコーヒーやらなのですが、とても面白いです。

何度も使用される「僕の右手と左足と後頭部」というフレーズは是非とも使いたくなります。

ちなみに使用されている曲は、ムーンライダーズの「クリニカ」ですね。
選曲が良い!!

彼は2000年7月に亡くなっているというから残念です。
スポンサーサイト

PULSAR 

カテゴリ:アニメ

NHK教育テレビでお馴染み「ロボットパルタ」の作者・保田克史さんが制作したショートアニメーションが凄い!!
と聞いたので早速動画サイトで視聴してみるとやはり、ただものではなかった。

パルタらしき物体もちらほら伺えます。
YouTube - PULSAR (1990)


長細く柔らかい消しごものようなものが、くねくねとリズムを刻んで動いていたりと、単純ですが計算されていて見ている人を飽きさせない作りになっています。


あのイカ天の後番組「三宅裕司のえびぞり巨匠天国」で紹介されたそうです。


Bambi Meets Godzilla 

カテゴリ:アンダーグラウンド

約一ヶ月ぶりの更新です。
これはまたマニアックなショートアニメ作品です。

その名も「Bambi Meets Godzilla」。
時間にしてたったの2分。
『吸血怪獣ヒルゴン』のオマケで付いてきたらしく、
内容はというと、バンビがゴジラに踏み潰される捻りのない単純な感じです。
一見シュールでナンセンスなブラックユーモアとして、ニヤリと笑うだけかと思われるのですが、
けど、いつ来るかわからない恐怖があるんでしょうね。



YouTube - Bambi Meets Godzilla

平穏が一瞬にして壊される不条理が、ずっしりと響き渡る重音で表されています。
一説にはBeatlesの名曲「A Day In The Life」のパロディとも言われているらしいです。
少し考え過ぎかと思えますが、確かに穏やかな曲調が一変するとこが、似てるとも言えますね。

それでもって、こちらも有名過ぎますけどコメディー番組の「空飛ぶモンティ・パイソン」。
このオープニングムービーは一説では、やはりパロディーとされています。
しかし制作年が同じらしく、その可能性は低いらしいですね。

最低映画館~バンビ、ゴジラに会う(BAMBI MEETS GODZILLA)

バンビ、ゴジラに会う - Wikipedia

バンビ、ゴジラに会う - みんなのシネマレビュー

まとめとしては、良くも悪くも有意義な2分間になったと思います。
あくまで余談ですが、作者のマーヴ・ニューランド氏は「Duckman」なるアニメ作品も出しているそうです。

Samorost 

カテゴリ:ゲーム

Jakub Dvorskyというチェコのクリエーターによるフラッシュゲームです。

宇宙の真ん中にぽつんと浮く、謎の惑星へと誘ってくれます。

Samorost Flash Game

Samorost 2

続きは購入なので出来ませんが、面白さは十分伝わるとも思います。
なんといっても、驚くのがこの背景画の綺麗さ。
特に苔や錆が上手く表現出来ています。
デコボコの惑星に住む動物たちも可愛らしいです。

個人的にはドイツのクリエーターのBernd Mattiebeが作った「wogger」より断然好きです。

Buffalo '66 

カテゴリ:映画

「Buffalo '66」の感想です。

Buffalo '66 1-7‐ニコニコ動画(9)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。