FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mars Attacks! 

カテゴリ:映画

割と有名ですが「Mars Attacks!」という映画をご存知でしょうか。


私は今までに数回ほど観た事がある映画ですけど、世間ではカルト映画の一つだと言われているらしいですね。

今回はそんな映画の情報や管理人の感想などをします。(※興味がある方は追記に進んでください)
どういった映画なのかというと、

「Mars Attacks!」は1996年のティム・バートン監督によるSFコメディーで、火星人と奮闘する地球人たちを滑稽に描いている。
また音楽面では監督が喧嘩していたダニー・エルフマンと仲直りし、「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」以来のタッグになった。
キャストが非常に豪華であり、ジャック・ニコルソンやマイケル・J・フォックス、ピアース・ブロスナンなどが出演している。

バッドマンのジョーカーにBTTFのマーティー、007のジェームズ・ボンドが出てるなんて豪華すぎますね。

更に主題歌がトム・ジョーンズの名曲「よくあることさ」で、トム・ジョーンズは本人役でこの映画に出演している。

廃業したホテルを爆破シーンで本当に爆破させて使っている。

しかしアメリカではC級映画以下の駄作とまで言われたが、カルト的人気を誇っている作品でもある。

映画予告↓


本編↓
YouTube - Mars Attacks part 1
YouTube - Mars Attacks part 2
YouTube - Mars Attacks part 3
YouTube - Mars Attacks part 4
YouTube - Mars Attacks part 5
YouTube - Mars Attacks part 6
YouTube - Mars Attacks part 7
YouTube - Mars Attacks part 8
YouTube - Mars Attacks part 9
YouTube - Mars Attacks part 10
YouTube - Mars Attacks part 11 (the end)

※以降ネタバレです













率直な感想
トラウマシーンは少しありましたが、全然楽しめる作品ですね。
どこがトラウマかというと、チワワと人が合体させられるところですねww


火星人が鳩を武器と勘違いしたところから、戦争が勃発。
残念なことに登場人物のほとんどが悲劇的な結末を迎えますが、地球はなんとか救われましたね。
まさか古いウエスタンソングの周波数が弱点だったとは。
想像も付きませんでしたね。
ユーモアセンスのある映画でした。

関連項目
マーズ・アタック! - Wikipedia
宇宙戦争 (1953年の映画) - Wikipedia

COALTAR OF THE DEEPERSの曲で「Mars Attacks!」というのがあります。
興味があれば↓
Amazon.co.jp: COME OVER TO THE DEEPEND COALTAR OF THE DEEPERS 音楽

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animationdilettante.blog42.fc2.com/tb.php/161-9e331f52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。