FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリクリ 

カテゴリ:アニメレビュー

海外からの人気が高い作品「フリクリ」の感想です。
フリクリ

制作:Production I.G、ガイナックス

監督:鶴巻和哉

鶴巻和哉初監督のOVA作品で、全6話です。

「フリクリ」SayMove! 検索ページ

フリクリ - Wikipedia

あらすじ
小学6年生の主人公ナンダバ・ナオ太は、野球で留学している兄・タスクにコンプレックスを感じていながら、兄の元彼女のサメジマ・マミ美から、真意のつかめない誘惑をされている。
ある日ナオ太は、突如現れた宇宙人のハルハラ・ハル子にバイクで轢かれた上に、ベースギターで殴られ、額から奇妙な角が生えてしまう。
しかしその角は別空間とつながっていて、そこから巨大なロボットが出てきてしまう……


感想(※ネタバレあり
知名度も、制作会社も関係なく、面白い作品でした。
日本のアニメファンよりも、海外のアニメファンの方に知名度が高いということが残念なくらいです。

確かに、難しい設定と一部理解できない設定はあるものの、意図しているものがしっかりと伝わってきた気がします。
ジャンルとしては青春ラブコメディーに入るのでしょうか。
どこかノスタルジックな画風とthe pillowsの音楽がマッチしていて、とても良い雰囲気でした。

個人的には、夕日が綺麗なアニメだと思っています。(他に「フタコイ オルタナティブ」等)

また漫画雑誌のような構成のギャグシーンと、ロボットとのアクションシーンも観ていて面白かったです。
ギャグは少しマニアック過ぎるのもありましたけど。


全体としての内容は、1話は日常に辟易している主人公が非日常へという流れを描いていて、2話はマミ美の心の闇を、3話は市長の父の不倫に悩まされているクラスメイトを、4話はハル子といちゃつく父に対してのナオ太の嫉妬を、5話はハル子に惹かれながらも、マミ美を諦めきれないナオ太を、6話はハル子に恋心を抱くナオ太を描いていると思いました。

5話はルパン三世、サウスパークのパロディが笑えましたが、4話に関しては怖かったです。
漫画版では父は本当に死んでいたとか。

そして重要なのは、人間関係ですね。
第2話でナオ太はずっとマミ美のそばにいると決心したはずなのに、次第にハル子に惹かれていってしまいます。
けれども、ハル子は星をまっ平らにしてしまうという「メディカルメカニカ」に取り込まれ、利用されている海賊王・アトムスクの力を手に入れることが目的で、他には興味がなく、この星がどうなろうと構わないと思っています。
そして、その鍵であるナオ太は、ただ利用されているだけであったのです。

最終話でナオ太は、あろうことか強大なアトムスクの力を手に入れ、ハル子に止めを刺そうとしますが、

「好き」

このシーンは最高です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animationdilettante.blog42.fc2.com/tb.php/202-52507c97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。