スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月世界旅行 

カテゴリ:映画



たまには、SF黎明期の頃の映画もいいですね。
とてもわかり易い内容で抵抗なく観れます。

星星の女神によって懲らしめられる科学者たちや、月面に何故か生えているキノコの中から出てきた月人などユーモラスですね。

月人とは一体何者だったのでしょうね(笑)

Sgt. Pepper Inner Groove 

カテゴリ:音楽

音楽業界で今でも語り継がれているBeatlesの「Sgt. Pepper Inner Groove」です。


「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」の終曲として挿入されているものの、公式曲ではないという不気味な曲で、当時騒がれていたそうですね。
当時を知らない私も初めて聞いたときは、不気味で戦慄を覚えました。

後に「Hahaha, I never could see any other way,never could see any other way...」という本当に「意味のないおしゃべり」であったことが判明し、意味を求めていた人々が落胆するに至ったわけです。
そう考えると、単に音を楽しむための空間とも思えてきます。

関係ないですけど、私は同アルバム内では、ある種のカタルシス的要素も含んでいて、色々な意味で歌詞を捉えることができる「A Day In the Life」が好きです。
サージェント・ペパー・インナー・グルーヴ - Wikipedia

市場大介 ヨナの食卓 

カテゴリ:アンダーグラウンド

美人画家・市場大介さんの個展「ヨナの食卓」を観に行ってきました。

間近で見る市場さんの絵は、とても細かく緻密で感動しました。
とても白と黒の2色だけで描かれた絵とは思えないほど、表現力が豊かです。
またひとつの絵から、たくさんの物語を垣間見ることが出来ます。
絵以外の展示物の写真なども、非常に面白かったです。

なんと御本人もいらっしゃって、サインを頂いた私は、嬉しすぎてもはや発狂寸前。
しかも「来て頂いて、ありがとうございます」一礼なされたので、私はすっかり恐縮してしまいました。
恐悦至極に存じます。

YouTube - 美人画家市場大介個展「ヨナの食卓」2010

その後、画集とポストカードを購入。
大変充実した一日でありました。


追記に市場さんのアニメーション作品です。
(※グロテスク注意)

蔦からまるQの惑星 

カテゴリ:音楽

筋肉少女帯の最新アルバム「蔦からまるQの惑星」を購入しました。

目的はUNDERGROUND SEARCHLIEの「ワインライダー・フォーエバー」の筋少バージョン。
原曲より劣りますが、良かったです。

「アウェー イン ザ ライフ」はプロペラ犬のテーマ曲らしくノリのいい曲です。

「家なき子と打点王」は小林ゆうさんがコーラスでした。
「豚のご飯」以来のオーケン×画伯となりました。

「爆殺少女人形舞一号」は「交渉人とロザリア」とか「愛を撃ち殺せ!」が好きな人が気に入りそうなナンバーです。

「あのコは夏フェス焼け」は夏の筋少ライブでかかるであろう、盛り上がる曲です。

「若いコとドライブ ~80'sから来た恋人~」は特撮の「水天宮と多摩センター」を彷彿とさせるメロディーです。

「ゴミ屋敷の王女」、「アデイ イン ザライフ」がこのアルバム内では、個人的に良かったです。

「アデイ イン ザライフ」は「トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く」が好きな人がハマりますね。

アウェーのためのアルバムとなった今作は、再結成後の3アルバムの中では低いものの、大槻ケンヂ氏の最新の歌詞が堪能できたので、管理人としては満足でした。

CANDY HOUSE 

カテゴリ:音楽

Thee Michelle Gun Elephantの名曲です。
PVから若さとエネルギッシュなギター音が弾けだします。
最高です。 
(※音量注意)

ギターのアベフトシさんは、昨年2009年7月22日急性硬膜外血腫により亡くなられています。
ご冥福をお祈りします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。